悩む子供会の景品選び

子供の行事で成功を収めるには景品が重要

子供会の景品はどのように選んだらいい?

子供会って具体的にどんなもの?

子供会は住んでいる地域ごとに組織され、保護者などが子供たちの心身の成長のために活動する団体です。
季節ごとに行事を行ったり、定期的な清掃活動などを通して子供たちの心身の成長を促します。
主に小学生で入ることが多く、年齢層が幅広いので様々な人達と交流できます。
子供達にとっては将来社会に出るうえで、貴重な経験になるのではないでしょうか。

子供会で景品が必要になってくる場面

子供会と言えば清掃活動などの地域貢献作業も大事ですが、子供の頃の楽しい思い出は大人になって昔を振り返るときにとてもいい財産になります。
子供会でやる行事といったら、夏だと夏祭り、冬だとクリスマスパーティーなどがメジャーだと思います。
夏祭りなどでは皆でビンゴ大会、クリスマスパーティーはクリスマスプレゼントなどのときに景品を用意する機会があります。
行事でなくても地域貢献活動に参加した子供たちにご褒美として、ちょっとしたお菓子を用意してあげたりしてもいいかもしれません。
きっと喜んでくれます。


子供会での景品の選び方を考えると、幅広い年代層にどうしても男の子と女の子は好みが分かれてしまうので、選ぶのが難しく感じてしまいますよね。
そこでおすすめなのが生活で使える実用的なものや、お菓子などをプレゼントすることです。
文房具などは日常生活や学校生活でも使えますし、もらっても使いどころがないということにはなりません。
マグカップなども割れ物でなければ、安全に家まで持ち運べますし日常生活で使えます。
お菓子は子供たちが好きそうな駄菓子だったり、甘いものを詰め合わせて渡すとサプライズ感がでます。
子供たちの人数が少人数で個別に選ぶ余裕がある保護者の方々は、女の子、男の子で景品を分けたりしてもいいかもしれません。
低学年、高学年など年齢も意識してあげるとよりプレゼントが選びやすくなります。
そのプレゼントする行事や催しに合わせて、プレゼント内容を考えるのも一つの方法です。
色々とポイントを組み合わせていくと、よりよい景品選びができます。

プレゼントしてもらったものは心に残ります

どんなプレゼントでも相手が喜ぶ顔を想像しながら選ぶと自然とこちらも笑顔になります。
私生活が忙しい中子供会の景品を選ぶのは大変かもしれませんが、子供たちの笑顔を想像して景品を選んでみて下さい。
きっとあなたも笑顔になれるはずです。
子供の頃にもらったプレゼントは時間が経って形に残っていなくても、心には残ります。
景品選びも子供たちの心を育てる大切な作業の一つです。

人気記事ランキング